四日市の宴会は和食割烹居酒屋 かっぽう若紀久喜旬 へ

かっぽう若紀久喜旬  
ご予約・お問合せフリーダイヤル0120-43-5401
お問合せフォーム
 
お料理
通常お料理とお値段
  はご注文を頂いてから比較的早くできる料理です。

【当店の価格はすべて2019年10月1日時点の税抜き表示です】 
 
お刺身
盛合わせ(おまかせ)
三種盛(一人前)
1000円
五種盛(一人前) 
1500円
七種盛(一人前)
2000円
 
生まぐろ
1500円
ひらめ
1100円
やりいか
1500円
いかそうめん
1500円
 
あじ
お刺身・なめろう・たたき
各1500円より〜
活さざえ
1200円より〜
五種盛(一人前)
季節によって内容が変わることがあります。
いかそうめん
イカが透けて見えるぐらい薄く切ってみました(匠の力)。柔らかくて腰のある食感。
なめろう
千葉の漁師料理で、波の荒いときに船の上で食べられるように醤油を味噌に変えたのが始まりの料理です。
この情報を元に、創ってみました。本物を食べたことがある方、食べ比べてください。
活さざえ
焼もの
あじ汐焼
1000円より〜
カニミソ甲羅焼
930円
あなご照焼
850円
鰆(さわら) 塩焼・柚庵焼
各800円
鰯(いわし)生姜焼
800円
海鮮朴葉(ほうば)みそ焼
(えび・イカ・貝柱・ 白身魚・他)
1200円
帆立貝柱
(しょうゆ焼・バター焼)
各700円
焼きはまぐり
800円
さざえつぼ焼き
1200円より
自家製 一夜干ひもの いろいろ
700円より
カニミソ甲羅焼
海鮮朴葉(ほうば)みそ焼
20年前に、飛騨に旅行に行って、ほう葉焼きを頂いたときです。ほう葉焼きというと普通、山菜が中心で魚などは入っていません。
そこで、魚料理を中心にしている割烹として、何か工夫できないかと考えたのです。
焼きはまぐり
揚げもの
小海老かき揚げ
(タワー)850円
(円盤)650円
天ぷら盛合せ 
(エビ・カニ・穴子・野菜4品)
1200円
小鰈(かれい)のから揚げ
1000円
海老と貝柱のフライ
1000円
蛸(たこ)から揚げ
800円
鰯(いわし)梅揚げ
800円
大きい穴子天ぷら
850円
野菜天盛合せ (7品)
800円
野菜かき揚げ
600円
小海老のかき揚げ
なばなの里に行った時に食べたかき揚げが海老が多く美味しかったので
海老を中心にかき揚げを作ってみました。
普通の海老では、面白くないので名古屋からはじめ半年ぐらい探し続けました。
あちらこちらでかき揚げも食べましたが、プリプリ感がなくもうひとつでした。
ついに見つけたのが、この海老です。
鰯(いわし)梅揚げ
こだわりの伊勢地鶏
もも肉から揚げ
1000円
骨つきもも焼き(2人前)
1900円
少々お時間いただきます
もも肉から揚げ
●もも肉から揚げ開発物語
以前から、私たちが良く通っていた中華料理店があります。
そこのから揚げがとても美味しかったので、ちょくちょく食事に行っていました。ところがその中華料理屋さんが辞められて、美味しいから揚げが食べられなくなりました。すると、料理人魂に火がついたといいますか。
どうしてもこの料理を再現してみたくなりました。
記憶をたどりながらまずソースは何を使っているのか、そしてあの酸味はなんだったのか。
ほぼベースが出来上がりました。
これまでに要した時間は6日間
これでもまだ、あの味とは少々違っていましたので、醤油、お酒、みりんを調合し、最後にネギ、すりゴマをつけて完成しました。
煮もの
鰯(いわし)南高梅煮
800円
蛤(はまぐり)酒むし
800円
煮つけ魚いろいろ
1000円より〜
煮つけ魚いろいろ
野菜料理
小芋えびそぼろ煮
茄子えびそぼろ煮
各700円
旬の野菜焚合せ
700円
野菜天ぷら盛合せ
800円
野菜天ぷら盛合せ
春の野菜・秋の野菜等その時の旬の野菜をいろいろ揚げます。
肉料理
熊本産馬刺し
1300円
牛肉柳川鍋
1300円
くじら刺身
1300円
熊本産馬刺し
野菜料理
野菜サラダ
500円
豆腐サラダ
700円
海鮮サラダ
1000円
豆腐サラダ
 
その他
伝説のだし巻玉子
400円
蛸(たこ)ぶつ
(わさびしょうゆ・塩味)
各800円
茶わん蒸し
600円
できたてとう富(温)
ざるとう富(冷)
各500円
漬けもの盛合せ
700円
伝説のだし巻玉子
若紀久の出し巻きが切ってだされないのには理由がある。詳しくはここをクリック
酢のもの
若狭の細もずく
600円
自家茹でたこ酢
800円
小あじ南蛮漬け
600円
自家茹でたこ酢
 
そば・めん
穴子そば寿し(吸いものつき)
1250円
少々時間いただきます
茶そば(冷)ざる
800円
茶そば(温)五目
900円
そうめん
800円
にゅうめん
900円
穴子そば寿し(吸いものつき)
茶そばの香りと照焼穴子の香ばしさの合体
お食事
あなご重
(吸いもの、香のものつき)
1450円
小海老かき揚げ丼
(吸いもの、香のものつき)
800円
海老天まき
(吸いもの、香のものつき)
800円
 
お茶漬け(香のものつき)
のり、昆布
各600円
南高梅、天茶づけ、しぐれ・しゃけ
各700円
 
おにぎり(2ヶ)
しぐれ・しゃけ・うめ・ おかか・昆布・のり佃煮
500円
 
焼おにぎり(2ヶ)
500円
ごはん(香のものつき)
400円
赤出汁(はまぐり入)
300円
梅ぞうすい
800円
紀州南高梅使用
ミックスぞうすい
(えび・かしわ他)
1000円
 
梅ぞうすい
えっ、南高梅で雑炊だって!モッタイナイ
あれは冬場の賄(まかな)いを作っていた時です。
「もう鍋物ばっかりでは飽きてきたなあ」
「たまには、ご飯ものが食べたいなあ」
ふと目についた最高級の南高梅。これを使って・・・・
そして完成したのが、この梅ぞうすい。
その味に思わず、顔を見合わせました。『梅だけしか使ってないのに・・』
▲ページのトップに戻る

Copyright (C) かっぽう若紀久喜旬 All rights reserved.